小綺麗に

 『女性はいつも小綺麗にしていなさい』

いつも母が言います。
そう言っては、綺麗な色の羽織るものやスカーフなどを贈ってくれます。

子供の頃は、母親が得意の洋裁で洋服をいつも作ってくれました。

年頃になってくると、お友達が着ているお店で売られている洋服の方が可愛く見えて、
母親手づくりの洋服を卒業してしまいました。

それから数十年…
最近、着てみたいな。と思う服が少なくなってきました。

『今年のトレンド』と言われるスタイルも気になりますが、私に合うスタイルが最近わかってきたからなのかもしれません。

襟ぐりのカット、スカートの丈の長さ、顔映りのいい色、袖の長さ、アクセサリーとの相性…

そろそろ『わたしが合わず』から、
『わたしに合わす』スタイルにしてもいい頃なのかも。

まずは、自分のパターン(型紙)から作ってみようかと思い始めてます。

洋裁の師匠である母親が元気なうちに。

弘中小都子 Satoko Hironaka
長く長く自分探しの旅をしてきました。
それが高じてアロマ講師となりアロマ心理療法家になりました。
誕生日を期に、さまざまな肩書から外れてありのままの自分でいたいと思い、
オフィシャルブログを卒業して個人ブログを設置。
『あなたはあなたの、わたしはわたしの時間を歩いていけばいい』
今までのわたし、これからのわたし、こころとからだと大切にしたいもの、
50歳からのあたらしい暮らし方をつづっています。

アロマスクールRishece~リシェス~代表講師
アロマ関係の資格は諸々…詳しくはプロフィールでどうぞ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク